切手買取価格.net|疑問もスッキリ!~納得の業者はココだ! TOP知って得する豆知識 >状態による価格変動

使用済みも値がつくかもしれない切手の世界

一般的にコレクション品は、未使用のものが高価値になり、それは切手についてもいえることです。だから、買取をしてもらうときの状態は大切で、なるべく新品に近い状態が望まれます。私が父の遺したコレクションを見つけたとき、かなり保存状態が良かったため、思った以上の金額に換金することができました。この点については、几帳面な父の性格に感謝をしています。あなたの手元にある切手についても、どうぞ買取をしてもらうそのときまで、丁寧に大切に扱ってください。

ただ、切手については使用済みであったり、変色したりすることがあっても、高額の評価をしてもらえることがあるようです。希少性の高いプレミア切手であったり、特殊な消印があったりすると価値が上がるということです。もともと高額なプレミア品が、その希少性によって価値が上がるのはなんとなく分かります。私が意外だったのは消印によって価値が上がることもあるということでした。

ごく普通の切手であれば消印があれば使用済みということで、まったく価値がなくなってしまいます。しかし、コレクションとして考えたときにはその限りではないようです。消印にはさまざまな種類があり、それを集める収集家もいるということです。だから、消印のある切手だからといってあきらめたりしないで、やはり一度、しっかりと専門業者に査定してもらうことをお奨めします。