切手買取価格.net|疑問もスッキリ!~納得の業者はココだ! TOP知って得する豆知識 >切手買取不可

ただし、それでも価値のあるものも

残念ながら、どんな切手でも必ず買取をしてもらえるわけではありません。業者の査定を受けた結果として、買取不可と判定されることも決して珍しくはないようです。全部が換金でればいいのですが、そうはならない、買取できない切手にはどんなものがあるのでしょうか。

まず、考えられるのが破れていたり、傷がついていたりするものです。美術的な価値も切手には認められているので、それが損なわれていれば、当然、その価値が下がります。程度によっては全く価値が認められずに買取をしてもらえないこともあるのです。また、耳と呼ばれる切手の縁が折れ曲がっていたりするのも良くないです。既にそうなっている場合はどうしようもありませんが、これからそうならないように注意はしておいてくださいね。

また、切手を実際に使用すると消印が押されることになります。この消印があることで使用済みとなり、こちらも価値が下がります。場合によってはゼロ円査定として、買取不可になるのです。

ただし、これらの要素があったとしても、それでも値がつくこともあります。どの程度で不可になるのかは業者によって判断が異なるので、査定してもらうまではあきらめたりしないでください。1社で価値を認められなくても、他のところで認められることもありますから、やはり業者は複数を検討しておきましょう。